他団体の情報・立岩真也さん講演会「ベーシックインカムと人間の生存」

4月8日土曜日吹田市のスタジオシチズンで、労働と暮らしのセミナー「ベーシックインカムと人間の生存」を開催。

2016年6月にスイスでベーシックインカムの導入を求める国民投票が実施されたり、ヨーロッパ各地でベーシックインカムの試験導入の動きがあり、日本でも一時沈静化していたベーシックインカムの導入検討の提案論、見解が増えてきました。

一方で日本国内でのベーシックインカムの導入論が、新自由主義論者と反新自由主義論者に分かれ、導入目的が「水と油」期待と不安が交錯していると思います。

そこで生存学研究の第一人者でベーシックインカムについての数多くの著作、研究を提示されている立命館大学の立岩真也先生をお招きし、障害者や労働と所得の分離など、ベーシックインカムとの関連を交え、ベーシックインカムと人間の生存について語っていただきます。

プログラム

開催日 4月8日 土曜日

会場 吹田市千里山東1-10-4 サンシャインビル3F スタジオシチズン

http;//citizen-p.com

阪急千里線関大前北口から徒歩5分 06-4860-6756

主催 NPO法人近畿地域活性ネットワーク

後援 ベーシックインカム・実現を探る会 道州制と地域学会

午後2時 受付開始 午後2時半:主催者あいさつと山中鹿次「ベーシックインカム議論の動向と課題」2時55分ころまで

3時から4時 立岩真也「ベーシックインカムと人間の生存」

4時10分から5時ころまで参加者との意見交換、質疑応答

5時から7時 懇親会(軽食用意)

参加費 500円 懇親会参加はプラス千円

申し込み:問い合わせ

参加は当日参加でも可ですが、問い合わせは会場

主催者

なお案内は後日 スタジオシチズンのホームページと、講師の立岩真也先生の方でも案内しています。

http://www.arsvi.com/ts/20170408.htm

奮ってご参加ください

スイス「通貨改革プラン」スイス憲法改正案

約一年後に国民投票予定の「スイス通貨改革プラン」のスイス改正憲法案を送ってくださった佐々木重人さんからの情報です。重要なものだと思いますので、ここにご紹介いたします。

「債務に拘束される」量的緩和政策ではなくて、公的な目的のために通貨発行をするということです。

これに関連する英語版HPは以下です。

http://www.vollgeld-initiative.ch/english/

また、佐々木さんのブログは以下です。

http://natural-world.info/blog-entry-2.html

佐々木さん、ご紹介ありがとうございました。

~~~~~~~~ 以下、はりつけ ~~~~~~~~~~~~

  • 連邦憲法は、以下のように改訂される

    第99条 貨幣政策と金融サービスの規制

    1 連邦は、経済に貨幣と金融サービスが提供されることを保証する。経済的自由の原則から逸脱する可能性がある。

    2 連邦だけが、硬貨、紙幣、帳幣の形で法貨を創造することができる。

    3 スイス国立銀行の法令に準拠している場合は、他の支払い手段の創造および使用が許可される。

    4 法律は、国全体の利益のために金融市場を規制するものとする。特に、以下を規制する。

    a. 金融サービス提供者の信託業務

    b. 金融サービスの契約条件の監督

    c. 金融商品の認可と監督

    d. 資本要件

    e. 自己勘定取引の制限

    5 金融サービス提供者は、顧客の取引口座を貸借対照表外に保有するものとする。金融サービス提供者が破産した場合、これらの勘定は破産財産に該当しない。

第99条a スイス国立銀行

1 スイス国立銀行は、独立した中央銀行として、国の全体的利益に役立つ貨幣政策を追求するものとする。マネーサプライを管理し、金融サービス提供者による支払い取引システムの機能と経済への信用供給の両方を保証する。

2 投資のための最低保有期間を設定することがある。

3 法的権限の下で、連邦政府または州を介して、または市民に直接配分することによって、新たに創造された貨幣を、対応する債務に拘束されず流通させるものとする。これは、銀行に長期融資を与えることができる。

4 スイス国立銀行は、収入から十分な通貨準備を創出するものとする。これらの準備の一部は金で保持されるものとする。

5 スイス国立銀行による純利益の最低3分の2は、州に割り当てられるものとする。

6 スイス国立銀行は、その任務の遂行において法律にのみ拘束される。

第197条 122段

第99条(貨幣政策および金融サービスの規制)および99条a(スイス国立銀行)の暫定規定。

1 新規則が発効した日に、取引勘定のすべての帳簿価額が法貨となることを実施規則は規定しなければならない。金融サービス提供者の対応する負債は、スイス国立銀行への負債となる。これにより、合理的な移行期間内に、この帳幣の交換から債務が決済されることが保証される。既存の与信契約は影響を受けない。

2 特に、移行段階では、スイス国立銀行は、資金不足や過剰がないことを保証するものとする。この間、金融機関への融資へのアクセスを容易にすることができる。

3 第99条および第99条aの施行後2年以内に適切な連邦法が採択されない場合は、連邦議会は1年以内に条例により必要な実施規則を発行するものとする。

2017年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

2016年もベーシックインカムや通貨改革では目が離せない年でしたが、2017年も、欧州では、フランス、ドイツ、オランダなど選挙の年で、これらが、グローバリゼーションVSローカリゼーション問題と共に通貨秩序およびベーシックインカムの政治的動向と切り離せないものとして立ち現われそうです。日本においても、量的緩和政策の行方が注目されるところでしょう(以下、ご参考までに、白崎の論考は、ここから読めます http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20161121.html 法学館憲法研究所サイト)。

年末にかけては、D・グレーバー『負債論』や アデア・ターナー『債務、さもなくば悪魔』の翻訳が出版されました。これらは、欧米で話題になった通貨論やヘリコプターマネーに関する重要な著作だと思われます。今後の日本での議論の深まりが期待されます。

11月20日に大阪、應典院さんで企画されました、関曠野さんの講演会記録もなるべく早く、このHPにアップしたいと思いますので、もう少しお待ちください。

では、2017年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

(ベーシックインカム・実現を探る会 代表 白崎一裕)

大阪講演会、11月19日です。銀行は諸悪の根源・どうしたらおカネを「みんなのおカネ」にできるか

大阪、應典院さん、関さん講演会。開催が近づいてきました。新しいチラシができました。

こちらで、おひろめください。よろしくお願いいたします。以下です。

https://docs.com/…/409e8692-352b-4788-80bf-b0f…/bi20161103-1 

 

https://www.facebook.com/basicincomejp/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

他団体の情報・中野冬美さん「女性の労働と貧困いま昔」

12月18日 労働と暮らしのセミナー

「女性の労働と貧困いま昔」

2016年12月18日 日曜日 スタジオシチズンで開催

女性の社会進出や地位向上が求められる一方、女性や子どもの貧困がクローズアップされ、

大阪の場合、日本全国で貧困率が沖縄に次いでワースト2という状況に陥ってます。その大阪日本橋で女性の居場所「ここからサロン」を運営され、古くから女性の労働と貧困問題に向きあい、ベーシックインカムとジェンダーの著述がある中野冬美さんをお招きし、女性の貧困と労働。大阪での問題、ベーシックインカムへの期待と不安などについて語っていただきます。

プログラム

12月18日 日曜日

会場 スタジオシチズン

http://citizen-p.com

吹田市千里山東1-10-4 サンシャインビル3F

阪急千里線 関大前駅北口下車徒歩約5分 ℡ 06-4860-6756

主催 NPO法人近畿地域活性ネットワーク 後援 道州制と地域学会

午後2時 受付開始

2時半 主催者開会あいさつと山中鹿次「男性主導社会の行きづらさ」

2時50分~3時50分 中野冬美「女性の労働と貧困いま昔」

休憩後 参加者と質疑応答と意見交換

5時ころから懇親会(軽食用意)

参加費 500円 懇親会参加は+1500円です(アルコールは実費)。

申し込み:問い合わせ 当日参加でOKです。奮ってご参加ください。

問い合わせ 会場 studio_citizen@yahoo.co.jp

主催者 yamashikaransapo@occn.zaq.ne.jp

以下のブログでも案内します。

お店のブログ http://ameblo.jp/griripon/

他団体の情報・堅田香緒里さん「ベーシック・インカムって何 その可能性を探る」

  • ベーシック・インカムって何 その可能性を探る

とき

11月12日、12月10日、平成29年1月14日、2月25日の土曜日 午前10時から正午、2月25日の土曜日 午後1時30分から3時30分 全5回

ところ

中央公民館

費用

無料

対象

市内在住の方

定員

30人

講師

堅田香緒里さん(法政大学社会学部准教授)

主催

小平市教育委員会

企画・運営

ベーシック・インカムを学ぶ会

申込み

11月11日(金曜)までに、問合せ先へ(電話・電子メール可、先着順)

※電子メールの場合は、件名を「講座申込み」とし、住 所、氏名(ふりがな)、電話番号を記載。

問合せ

丹治 電話090(8342)3478、メール

http://hikotatanji.hatenablog.com/entry/2016/10/12/190637

どうしたらおカネを「みんなのおカネ」にできるか~~大阪で考えるベーシックインカムと通貨改革講演会

2016/11/19日(土)@應典院(大阪)

私たちのお金はどこから来て、どこへ行くのか? ベーシックインカムは、本当に信頼できるのか?

思想史家・関 曠野(せき ひろの)氏をお招きし『銀行は諸悪の根源 - どうしたらおカネを「みんなのおカネ」にできるか』という演題でお話 しいただきます。二部構成で、二部は、シンポ形式でおこなう予定です。ベーシックインカム・実現を探る会(代表・白崎一裕、高島市議・熊谷もも)ベーシックインカム勉強会関西のみなさんが登壇します。「私たちのお金は何処から来て、何処へ行くのか?」そして、「ベーシックインカムは本当に信頼できるのか?」という問いを改めて検討します。

【プロフィール】

関 曠野(せき ひろの)

思想史家。1944 年東京生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、共同通信社に入社し、 名古屋支社、国際局海外部などをへて 1980 年からフリーランスの文筆業。

【主な著書】

『プラトンと資本主義』( 北斗出版 )、『民族とは何か』(講談社現代新書)、『フクシマ 以後――エネルギー・通貨・主権』( 青土社 )、『グローバリズムの終焉』(農文協)、 最新刊『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』(NTT 出版)など多数。

【日時】 2016年11月19日(土) 13時30分頃から17時まで(受付13時5分)※会場管理の関係で受付時にやや混雑の可能性があるかもしれません。その点をご理解ください。

【参加費】 500円/申し込み不要(追加の投げ銭歓迎。運営費の足しにさせていただきます)

【場所】  應典院(おうてんいん) 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27

http://www.outenin.com/

ベ ー シックイン カ ム 勉 強 会 で は 、文 字 通りベ ー シックイン カ ム に つ い て 関 心 の あ る 人 た ち が 集 い 学 ぶ 会 で す 。あ る 特 定 の 政 治 性 を 押し 通 す も の で は ありま せ んし 、従 来 で は 相 容 れ な かっ た 人 た ち が ベ ー シックイン カ ムという一 点 に お い て 接 続し 対 話 を 開 始 す る・・・そ ん な 試 み で す 。し た がって 講 演 を 依 頼 す る 際 に も 、全 く主 張 の 異 な る 講 師 陣 を 幅 広く迎 えて い き た いと考 えて い ま す 。参 加 さ れ る 皆 さ ん も 、ベ ー シックイン カ ム 賛 成、ベ ー シックイン カ ム 懐 疑 派・否 定 派 、ちょっと 知りた い だ け の 人 など 、ど な た で も 歓 迎しま す 。

ベ ー シックイン カ ム が【 す べ て の 人 に 】保 障 さ れ るように 、当 勉 強 会 も す べ て の 人 た ち に 開 か れ て い る の で す 。 参 加 者 へ の 迷 惑 に な る 行 為 は お 控 えくだ さるようお 願 いしま す 。

【企 画】 ベーシックインカム実現を探る会 http://bijp.net/

ベーシックインカム勉強会関西  https://sites.google.com/site/basicincomekansai/

【問い合わせ】 bikansai00(ゼロゼロ)@gmail.com(ベーシックインカム勉強会関西)

ベーシックインカム二冊のご著書のミニ紹介

「実現を探る会」に寄贈された、二冊の本をご紹介いたします。

どちらも、いまの通貨体制とは違う、オルタナティブな通貨体制論をベーシックインカムがらみでご提案されています。偶然だとは思いますが、おふたりとも、「減価マネーシステム」を応用されています。このような貨幣システムの構築は、民間で、先の大恐慌後にもたくさんでてきました。主流の経済学からは別の視座で問題提起したダグラスやゲゼルなどの試みとつながるものでしょう。きちんと二冊とも批評文を書きたいと思いながら、白崎の多忙と怠慢で、遅くなってしまいました。心よりお詫び申し上げます。いずれ、お二人に対しては、私と考えの違うところもありますが、なんらかの形で内容的なご紹介をしたいと思います。まずは、この冒険的な著作の試みをぜひともみなさんにお広めいただきたいと思います。(白崎一裕)

若い人向けのベーシックインカムのご紹介文章

代表の白崎一裕です。 ウェブメディア 「Work Switch」に、ベーシックインカムの入門的な文章を書かせていただきました。編集部の注文は、まったく予備知識のない、20代の働く女子・男子向けに書いてほしいということでした。限られた字数でしたので、限界はあるかもしれません。

ご参考まで。

http://workswitch-ibs.inte.co.jp/basic-income/

 

他団体の情報・9.22京都 関曠野氏講演会

ベーシックインカム、通貨改革ともかかわりの深い内容です。関連で、関さんの新著『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』の書評を、白崎が、以下の「現代の理論」に書かせていただきました。

http://gendainoriron.jp/vol.09/review/re01.php

● 9.22 関曠野氏京都講演会「今、歴史を問いなおす――グローバリズムの破綻とナショナリズムの問題――」

【講演者(せき・ひろの)】思想史家。1944 年東京生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、共同通信社に入社し、名古屋支社、国際局海外部などをへて1980 年からフリーランスの文筆業。

著書に『プラトンと資本主義』(北斗出版)、『民族とは何か』(講談社現代新書)、『フクシマ以後――エネルギー・通貨・主権』(青土社)、『グローバリズムの終焉』(農文協)、最新刊『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』(NTT 出版)など多数。

今年6月のイギリスのEU離脱は世界を大きく揺さぶった。EU加盟国内に広がる反ユーロ・反移民受け入れ党の躍進。覇権国アメリカの凋落とともに明らかになってきたグローバリズムの破綻。今、問われているのは、ネーション、ステイト、ナショナリズムの問題であり、19世紀から現代までの変遷と21世紀のあり方を展望する。

日時=2016 年9 月22 日(木曜日、秋分の日)

午後1 時30 分開場、午後2 時開演

(終了予定午後4 時30 分)

会場=キャンパスプラザ京都4 階第3 講義室

(京都市下京区西洞院通塩小路下ル、JR 京都駅より

5 分、駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側)

入場料=800 円(学生500 円)事前申し込み不要

主催=ベーシックインカム読書会(問い合わせ先090-8367-2600)

他団体の情報・伊田広行さん「労働:生活保護:ベーシックインカム」セミナー

労働と暮らしのセミナー

「労働:生活保護:ベーシックインカム」

2016年9月22日(祝:秋分の日)Studio Citizenで開催します

年々深刻化する労働条件の悪化と貧困と格差の拡大。そんな現状を踏まえ日本国内では賃金格差の是正の動きと、生活保護世帯の増加と抑止の動きが混在しています。また一方でヨーロッパでは予め国民に、ある程度の現金支給を行うベーシックインカムの導入の動きが高まっています。

しかし一方で日本でもベーシックインカムの導入運動の一方で、ホリエモンや維新の会など新自由主義勢力からも、ベーシックインカムの導入論が提唱され、導入と引き換えに生活保護や各種福祉制度の削減、撤廃を求める意見が示され、それに対する警戒心も高まっています。

そこで今回ユニオンぼちぼちのメンバーで、ベーシックインカム研究の第一人者の小沢修司先生と対談された伊田広行さん(社会学)をお招きし、生活保護とベーシックインカムの共存、労働の課題を考えます。

プログラム 開催日 9月22日(木:祝:秋分の日)

会場:Studio Citizen http://citizen-p.com

吹田市千里山東1-10-4 サンシャインビル3F

TEL 06-4860-6756

阪急千里山線関大前北口下車徒歩約5分

主催 NPO法人近畿地域活性ネットワーク

後援 道州制と地域学会

午後3時受付開始

3時半 開会挨拶と「ベーシックインカム:生活保護と勤労意識と国民世論」

山中鹿次 3時50分~4時50分「労働:生活保護:ベーシックインカム」伊田広行

10分程度休憩後 参加者との質疑応答、意見交換。6時頃から懇親会

参加費 500円 懇親会参加はプラス1500円(懇親会のアルコールは実費)

申し込み:問い合わせ 当日参加でOKです。なお問い合わせは

お店

主催者

以下のブログでも案内告知します

主催者 http://ameblo.jp/yamashika1959/

会場のお店 http://ameblo.jp/griripon/

スイス・ベーシックインカム国民投票否決

  • 各種報道でご存じだとは思いますが、スイスのベーシックインカムに関する国民発議の国民投票は、以下のHPにもあるように「否決」という結果でした。「実現を探る会」としては、個人の署名コメントを今後、掲載予定としています。

http://www.swissinfo.ch/jpn/r%C3%A9sultats-des-votations-du-05.06-2016-en-suisse/42167652