日本ベーシックインカム学会 第三回関西研究会

日本ベーシックインカム学会 第3回関西研究会

開催日 2020年(令和2年)7月26日(日曜日)

メインテーマ「ベーシックインカムと社会保障制度の共存」

会場 国労大阪会館中会議室 大阪市北区錦町2-2 06-6354-0661

JR大阪環状線天満駅北側から線路沿いに徒歩3分、地下鉄扇町駅から徒歩5分

プログラム

午前の部 午前9時40分頃受付開始。10時半開会あいさつに引き続き、松尾匡(立命館大学教授)「新型コロナ問題と10万給付・反緊縮とベーシックインカムの行方」11時20分まで講義、11時50分頃まで質疑。

昼食休憩後(午後のみの参加も可、受付は随時行っています)

午後の部 午後1時10分~1時50分、山中鹿次「日本ベーシックインカム学会の活動とベーシックインカム実施での課題」(質疑時間を含む)

休憩後 午後2時から3時 京都府立大学名誉教授 小沢修司先生

「ベーシックインカム導入と社会サービスの充実」

講演骨子

昨年秋に法律文化社から「ベーシックインカムを問い直す」という本が刊行された。内容としては、ベーシックインカムが導入されるよりも、他の制度を充実させるべきという意見が多く、その双方を充実させるべきということを小沢先生に語っていただきます。

 

3時10分まで休憩。4時10分まで補足と質疑応答。第3回日本ベーシックインカム学会の案内の後に、4時20分に終了

申し込み・問い合わせ

参加費は ベーシックインカム 学会員 は 無料、 一般 は 千円

当日参加も可能ですが、極力、山中鹿次方にメールでお願いします。

yamashikaransapo@occn.zaq.ne.jp または yamashika0217@gmail.com

なお新型コロナ対策で、今回は懇親会を開催しないのと、大阪府に前日の7月25日段階で緊急事態宣言出ていれば中止、延期となるので、8月後半予定の富山での研究会、9月の連休頃に開催予定の学会大会の案内を含めて、随時、学会ホームページでご確認ください。

https://jabi.jp/

コロナ危機小話時評

ベーシックインカム・実現を探る会 代表 白崎一裕

(以下の文章は、白崎の個人的意見です)

 

これは、ネット上の情報で、一次資料に

あたって精査しているわけではないので

あくまでも、小話の類ですが、

現在のコロナ危機で、世界の原油使用量が

約30%減少したという記事がありました。

たしかに、WEB上では、中国など各国の大気汚染が

なくなったり、ラジオを聴いていたら、

あのガンジス川がきれいになって川底が

みえるので、現地では驚きだというのも

ありました。

さて、この原油30%減を、これまた

単純に、30%のGDP減だとすると

いつごろのGDPになるかと調べてみると

およそ、30%減は、350兆円になり

それは、あのバブル期の1987年ごろの

数字と同じになります。

ここから、先は、まったくの実感ですが

(あくまで、実感です。所得がいくらあるとかそういうことではなくてです。暮らしの感覚のはなし)

自分の生活実感として、別に、現在と特段の変化は

ありません。 むしろ、貧しくなっている。

生活実感としては

さて、30%の原油減が何か問題でも??

となります。

ちなみに、私のうまれた、1960年の

GDPは、15兆円ぐらいでしょうか。

こうなると、ますます、GDPなる数字の

インチキさが判明することにもなりますが、

けっきょく、コロナ危機で大騒ぎになるのは

、資本のいびつな集中で、富が極端に

偏在しているから、社会的不安が増大する

のであり、即座に、すべての通貨を公共通貨に

おきかえ、資本を徹底分散する国民配当(ベーシックインカム)を すれば、即刻、ポストコロナの社会の基礎が

できあがる、その富の偏在の一部を、医療や介護など

いま、大変な場所に手厚く配分して

ケア中心の社会に転換するだけです。

な~~~んにも、難しいことはないでは

ありませんか?

難しくしているのは、ひとえに、政治の責任

だということになります。

コロナショックに対抗するベーシックインカムの世界へ 「たかが、金のために死ぬな!国は金をいくらでも配れる!」

(この文章は、白崎一裕個人の見解で、会の総意ではありません)

(この文章のタイトルにすこし注釈を加えます。<お金はいくらでも配れる>ということですが、これは、緊縮財政的な政府を牽制することと、通貨発行権の重要性について強調するために<いくらでも>という表現になっていますが、もちろん、お金の発行量は、インフレを勘案して発行していかないといけません。ですから、<いくらでも>というのは、比喩的な言い方であり、正確には「適正な通貨発行量」ということになるわけです)

 

 

コロナショックは、すべての人間社会の活動を停滞に追い込んでいます。

と、同時に、私たちにマネー観の転換を迫っています。いままで、マネーは、個人の欲望を実現する「特権的」なものとして流通してきました。これは、いわゆる「商品貨幣論」というものでしょう。しかし、よく考えてみてください。個人の欲望を実現するためにも、すべての人々は、社会的関係性が維持されなければ、すべての生産も消費もストップしてしまいます。欲望の実現どころではありません。今、現在、コロナはここを突いてきました。まさに、一人では何もできないのです。この社会関係をスムーズに維持し、交通させるための道具がマネーの本質的役割です。これを公の「インフラマネー」とよびましょう。法的には「基本的人権としてのマネー」ともいえます。

このインフラマネーを、万人に保証するのが、ユニバーサルベーシックインカムといえます。ここのところコロナショックに対応して、様々な、ベーシックインカム的現金給付の提言がなされていますが、白崎の独断で、それらを紹介してみましょう。

 

〇 英国が政府通貨でベーシックインカム!?

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040901228&g=int

上記の記事が事実とすると、コロナショックでイギリスの中央銀行が国債直接引き受けの政府通貨を発行することと同じことをやるようです。一時的なものといっても、これは、中央銀行の動きとしては画期的です(米国のFRBをはじめ、それぞれの中央銀行が似たような政策をはじめつつあります、けっこう追い詰められているということでしょう)。

イギリス政府は、ベーシックインカム給付もほのめかしていましたから、「政府通貨でベーシックインカム」という私の年来の主張が実現することとなります。

 

〇 れいわ新選組の立候補で昨年、注目された、大西つねきさんの緊急動画です。大西さんらしく、現在の金融システムの欠陥から、米国へ従属する日本の在り方への疑問が述べられてます。米国が220兆円規模のコロナ対策の財政出動をするのならば、ドル円の為替関係からみても、日本政府は、即時に、220兆円規模のマネーを配れという憂国の提言です。

 

https://youtu.be/dawE3Kjgmbg

@YouTube

 

 

 

 

〇 同じく、れいわ新選組の山本太郎さんの経済政策に影響大の松尾匡さん(立命館大)が代表の薔薇マークキャンペーンの緊急経済提言です。具体的な経済分析と現金給付などの立体的な政策提言です。

https://rosemark.jp/2020/03/22/rose_shock-1/

 

〇 私も呼びかけ人になっている「国債を財源に全ての国民一人ひとりに20万円給付してください」の署名キャンペーンです。

https://www.change.org/p/内閣総理大臣-安倍晋三殿-財務大臣-麻生太郎殿-各政党党首殿-新コロナ対策-緊急提言-安倍晋三総理大臣殿-麻生太郎財務大臣殿-各政党党首殿-国債を財源に-全ての国民一人一人に20万円ずつ?fbclid=IwAR2vuefpjkPu9eqe-IWjysamnnYl7D2IdO3qnij5FBZuQHH64vckomkznaM

 

似たものに、昨年の京都市長選候補の福山和人さんたちがよびかけている以下のものがああります。

https://www.change.org/p/衆参-全国民-住民に20万円以上の現金給付を?recruited_by_id=9edb25c0-5676-11e5-9a3d-ed3e87b90fe8


 

 

 

他にもたくさんありますが、みなさん、それぞれの立場で、ベーシックインカム的な声をあげていきましょう!

それらは、いずれ、ユニバーサルベーシックインカムに集約されるでしょう。

合言葉は、

「たかが、金のために死ぬな!国は金をいくらでも配れる!」です。

日本ベーシックインカム学会公式サイト

 

日本ベーシックインカム学会のサイトが更新されました。
ぜひご覧ください。

 

4月11日開催予定の大阪市・日本ベーシックインカム学会第三回関西研究会は延期いたします

ベーシックインカム学会 第三回関西研究会

開催日 2020年(令和2年)4月11日

メインテーマ「ベーシックインカムと社会保障制度の共存」 

会場 国労大阪会館中会議室 は、開催を延期いたします。

今後の予定は、決まり次第告知いたします。

『普通の人々の戦い AIが奪う労働・人道資本主義・ユニバーサルベーシックインカムの未来へ』アンドリュー・ヤン著、出版されました。

https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909515032

 

「普通の人々の戦い AIが奪う労働・人道資本主義・ユニバーサルベーシックインカムの未来へ

原書: The War on Normal People The Truth About America’s Disappearing Jobs and Why Universal Basic Income Is Our Future 」

 

アンドリュー・ヤン(著)早川 健治(訳)

発行:那須里山舎 

四六判 縦188mm 横127mm 厚さ23mm 重さ 360g 446ページ 並製

価格 3,200円+税 ISBN 978-4-909515-03-2 Cコード C0030

一般 単行本 社会科学総記

 

現在、コロナ恐慌対策として、米国の政策にも強い影響力をもつ内容となっています。

以下、ご参考にしてください。

 

「いまこそベーシックインカム」コロナ不況で注目されるアンドリュー・ヤン氏の主張

https://newsphere.jp/economy/20200313-1/?fbclid=IwAR1UEGtPvB_k70HQyXgJsJEoUWmQtrwVdizZQ2Ssnk8Wg1-vjEVBiDUACo4

 

国民に現金を給付、米がコロナ経済対策で検討 ベーシックインカム提唱のヤン氏も協力

 

https://newsphere.jp/economy/20200320-1/?fbclid=IwAR1OVh-B7_yfb7439d-b8uxi8mTumWC2Fxz4xtg4kyeZUPt-XLj9fmLNiYk

 

 

 

3月21日開催予定の富山市のベーシックインカム学会研究会は延期いたします。

● 以下の研究会は、6月上旬に延期いたします。詳細は、判明次第このHPでもお知らせいたします。何卒、よろしくお願い申し上げます。

========================

 

日時:2020321日(土曜日) 13:0017:00

会場:大学コンソーシアム富山 

930-0002 富山市新富町1--3 CiCビル5階 ☎076-441-2455

 

 

講演者 

桂木健次氏(富山大学名誉教授)

テーマ「ベーシックインカムの財源としての国債発行の問題」

 

野末雅寛氏(ベーシックインカム・実現を探る会主任研究員)

テーマ「2020年に富山でベーシックインカムを考える意味」

香港政府コロナ対策「現金給付」について

 

香港政府のコロナ対策現金給付が報道されていますが、日本でも必須です。以下は、3・11以後に、「実現を探る会」他有志で、衆参両議員会館で院内集会をやったときの提言です。これも、ご参考になるかと思います。
~~~~~~~~~
~~震災復興基礎所得保障等を政府に要求する声明~~~~
~被災者、そしてすべての人々へベーシック・インカムを!!~...
「3・11」。この日は、日本の歴史の大きな裂け目として記憶されるであろう。
復興へのプランが様々な立場から提言されているが、政府に対して、生活福祉資金
貸付(緊急小口資金)をはじめとする被災者生活再建支援法など、現行関係法規の
積極的活用と柔軟な運用、医療・介護・雇用・住宅・教育・子育てに関する支援の
方策の充実が求められている(注1)。にもかかわらず、それらの申請は複雑であ
り、すでに制度からこぼれ落ちる人々が出ている。また行政機構も含めたすべての
生活基盤が奪われ、雇用が暮らしを支えるようになるまでには多大な時間と試行錯
誤が必要である。
そのような状況の下、いま、私たちは要求する!
まずは、緊急に個人単位・無条件の所得保障として被災地域のすべての人々に月額15万円の支給を。
期間を5年とし、支給対象地域を岩手・宮城・福島三県および近隣県の被災基礎自治体とする(注2)。
支給の条件を「個人単位・無条件」とすることで、一人ひとりの生活の多様性を
損なわない柔軟な所得保障が実現され、将来が見えない被災者の物質的・精神的な
支えとなるであろう。地域の消費にまわることで地域自給を促す迅速な経済回復に
も有効である。地域・地方の経済再生は、個人への所得保障から始まるといってい
い。さらに、この所得保障をベースに、医療・介護・雇用・住宅・教育・子育てな
どの支援(現物給付など)を総合的に組み立てることもまた、すべて政府の責任に
おいてなされるべきである。所得保障によって、義援金を地域のインフラ整備など
にも回すことが可能になる。
財源を懸念する声もあるかもしれない。復興費用試算は20~30兆円、これに加え
て原発対策関連費用が10兆 円を超えるといわれている。阪神・淡路のときの復興
費用は、当初、10兆円といわれたが、結果はその1.5倍以上の16兆円だった。この
莫大な費用の捻出は増税、緊縮財政や通常の国債発行では賄いきれないであろう。
ここは、震災国債発行による日銀の直接引き受けによる方法が最も望ましい。日銀
からの資金は直接国庫に入金され、国の借金を増やすことなく、結果として利子も
つかない。
被災したすべての人々、そしてこの国に暮らすすべての人々が希望をもてる社会
の実現に向けて、わたしたちは、基礎所得保障を基盤とした総合的な復興政策の実
施を要求する。
以上
注1:大阪弁護士会「東日本大震災における被災者の生活再建に係る関係法規の運
用改善及び法改正に関する緊急意見書」 (4月7日付)参照。
注2:ちなみに岩手・宮城・福島三県を「震災特区」として所得保障を実行した場
合、総人口567万人×月額15万円で年間10兆2,114億円。震災復興費用には、この所
得保障分を含めた予算組が必要となる。近隣基礎自治体の中では、茨城県の各自治
体も広域に含まれるが、この概算では省略した。

 

大阪市 日本ベーシックインカム学会第3回関西研究会

開催日 2020年(令和2年)4月11日

メインテーマ「ベーシックインカムと社会保障制度の共存」

 

会場 国労大阪会館中会議室 大阪市北区錦町2-2 ℡ 06-6354-0661  JR 大阪環状線天満駅北側から線路沿いに徒歩3分、地下鉄扇町駅から徒歩5分

 

プログラム

午後1時 受付開始 午後1時20分~2時

開会あいさつ引き続き 日本ベーシックインカム学会理事 山中 鹿次

「日本ベーシックインカム学会の活動とベーシックインカム実施での課題」

休憩後 2時10分~3時10分

京都府立大学名誉教授 小沢修司先生(下に写真)

テーマ「ベーシックインカム導入と社会サービスの充実」

講演の骨子

昨年法律文化社から「ベーシックインカムを問い直す」という本が刊行された。内容としては、ベーシックインカムが導入されるよりも、他の制度を充実させるべきという意見が多く、これに対してその双方を充実させてはということを小沢先生に語っていただきます。

休憩後 3時20分~4時半まで。パネラーの補足や質疑応答

参加費 千円 日本ベーシックインカム学会会員は無料

*なお希望者で5時半頃から懇親会予定です。(3000円程度)

 

申し込み・問い合わせ

当日参加も可ですが、極力事前申し込みを下記まで 山中鹿次方

yamashikaransapo@occn.zaq.ne.jpまたは yamashika0217@gmail.com

なお4月18日にも増山麗奈さんの「はじめての日 ベーシックインカム元年」の映画上映会もあります。関西研究会を含め日本ベーシックインカム学会ホームページでご確認を。  http://www.jabi.site/

 

富山市 日本ベーシックインカム学会関東・関西地区 公開合同研究会 主催者 日本ベーシックインカム学会

日時:2020321日(土曜日) 13:0017:00

会場:大学コンソーシアム富山 

930-0002 富山市新富町1--CiCビル5階 ☎076-441-2455

 

 

講演者 

桂木健次氏(富山大学名誉教授)

テーマ「ベーシックインカムの財源としての国債発行の問題」

 

野末雅寛氏(ベーシックインカム・実現を探る会主任研究員)

テーマ「2020年に富山でベーシックインカムを考える意味」

 

研究会当日プログラム

 

13時00分~13時10分 開会挨拶等、

13時10分~14時30分 桂木氏講演、

14時30分~15時00分、質疑応答

15時10分~16時10分、野末氏講演

16時10分~16時40分 質疑応答

 

※日本ベーシックインカム学会会員の方の参加費は無料です。当日のみ参加の一般の方は、参加費¥1,000を徴収いたします。 

(お問合せ先メルアド hiroyoshi.khc★nifty.com 樋口 ★を@にかえてください)

日本ベーシックインカム学会 第二回関東地区研究会のお知らせ

日本ベーシックインカム学会 第二回研究会(第二回大会プレイベント)

日本ベーシックインカム学会 http://www.jabi.site/ の第2回研究会。


メインテーマ「みんなの暮らし改善-反緊縮とベーシックインカム」国労大阪会館中会議室 会場の交通 JR天満駅北側から徒歩線路沿いに東に3分。地下鉄扇町駅から徒歩5分。


2019年12月14日(土曜日)

午前10時受付開始。10時半から11時45分。映画上映「はじまりの日 ベーシックインカム元年」監督の増山麗奈さん解説。

 

午後の部。1時15分から午後3時。シンポジューム。「反緊縮とベーシックインカム」パネラー。朴勝俊、井上智洋、白崎一裕。
3時10分から3時半。3人の鼎談。4時半まで質疑応答、情報交換。

 

参加費千円。日本ベーシックインカム学会会員は無料。
申し込みと問い合わせ 当日参加も可能ですが、極力事前申し込みを。山中鹿次方。yamashikaransapo@occn.zaq.ne.jp
またはyamashika0217@gmail.com
なお翌日の15日は立命館大学朱雀キャンパスで第2回日本ベーシックインカム学会の全国大会を開催します。学会ホームページでご確認ください http://www.jabi.site/